塗膜剥離補修

 

 

 

 

塗膜剥離は、塗料と素地の密着不良により起こります。

要因は、雨水からの劣化、最悪前回の塗装工事そのものの施工不良によるものという事もあります。

脆弱な塗膜の上から新規に塗装を施工しても、その場しのぎの塗装となるだけですので、しっかりとした補修が必要です。

 

 

 

 

 

膨れ上がっているのが一目瞭然です。

 

 

 

 

軽く、皮スキを入れるだけで塗膜が剥がれます。

 

 

 

膨れ部分以外は、正常に密着しております。

正常な面は、皮スキで軽く削ろうとしても、剥がれません。

 

 

 

カチオン性SBR樹脂モルタルをローラー塗りで塗布し、不陸調整して完了です。

 

 

 

 

 

広範囲に塗膜の劣化が見られる面には、スクレーパー、電動工具等を使って剥がしていきます。

かなり根気のいる作業です。

 

 

 

 

ひどい箇所は、素手で剥けていきます。

 

 

 

カチオン性SBR樹脂モルタルを、剥離した素地にローラー塗りで調整していきます。

また、クラックなどが隠れいる場合は同時に補修していきます。

 

 

 

 

 

before

右半分は、ほぼ全剥離ですね。

 

 

 

 

 

after

既存塗膜との段差もなくなり綺麗に仕上がりました。

 

更新しました★

03-6450-7633

03-6450-7632

core@freewall.co.jp