モルタル浮き補修

 

 

 

 

コンクリートの不陸調整等のためのモルタルが、密着低下により浮いてしまっている状況です。浮いてしまったモルタルが脱落する危険性があるため補修が必要です。

写真のように、広範囲に渡って浮いている建物もあります。

(※調査によるマーキング部分が浮き箇所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振動ドリルによる浮いた箇所への穿孔です。

 

 

 

エアダスターにて、内部に溜まった粉塵を除去します。

こうすることで、これから注入するエポキシ樹脂の密着力を高めます。

 

 

 

グリースガンでエポキシ樹脂を低圧で注入します。

必要以上に注入してしまうと浮きの誘発にも繋がりますので、慎重に作業します。

ピンニング工法ではコンクリートとモルタルを繋いだ穴に、エポキシ樹脂を注入後全ネジのステンレスピンを挿入し固定する方法です。(※写真はピン挿入作業)

浮き注入の場合は、モルタルとコンクリートの剥離部分に開けた穴からエポキシ樹脂を流し込み接着させる方法です。

ピンニング工法の場合、浮いていない部分であっても脱落の予防効果があり、より安心感を保つことができます。

 

 

 

エポキシ樹脂注入、ステンレスピン挿入後です。

 

 

 

 

樹脂モルタルで穴を塞ぎます。

 

 

 

 

平滑処理後、完了です。

更新しました★

03-6450-7633

03-6450-7632

core@freewall.co.jp