シーリング施工

 

 

 

 

 

 

シーリングは、漏水、緩衝目的など多様な役割を果たす大変重要なものです。

耐用年数内であっても、雨風等環境による早期の劣化が見られることがあります。

 

 

※シーリングには様々な種類があります。代表的なモノには

 

・ポリウレタン  ・変成シリコン  ・ポリサルファイド  ・シリコンがあります。

 

状況に合わせて、使用する材料を選定し施工いたします。

 

1液~2液型までフリーウォールでは施工が可能です!

 

 

 

既存のシールです。

劣化が進んでおり、打替えにて施工します。

 

 

 

 

劣化した既存シールを撤去し、汚れ防止のためマスキングにて養生します。

 

 

 

 

埃などを落とした後、専用プライマー(接着剤)を塗布します。

 

 

 

 

シーリングガンにて、ネタを充填していきます。

 

 

 

 

形に合わせたバッカー(シールを均す道具)で、仕上げていきます。

 

 

 

 

マスキングテープを剥がし、完了です。

施工前                         施工後

 

 

 

屋上にある笠置の継ぎ目のシーリングです。

稀にこちらよりの漏水もあります。

 

 

 

 

まずは通常のシーリング同様、マスキングいたします。

 

 

 

継ぎ目に深さがない為、ムーブによる早期の剥離を防ぐのに

厚めでシーリング材を充填出来るよう型枠を作ります。

 

 

 

 

施工後です。

シーリングのブリッジ工法といいます。

更新しました★

03-6450-7633

03-6450-7632

core@freewall.co.jp